ケアしないとこんなことに

妊娠線クリームは、文字通り簡単に消えない妊娠線をケアするためのものです。

妊娠線は事前のケアが最も大事とも言われており、予防を怠ると、多くの人は肌が割れたような形になり、酷い場合は今後ビキニを着れなくなってしまいます。
それだけに、妊娠中の多くのお母さんの悩みの種となっています。

事前のケアが大事ケアをしようと妊娠中に保湿クリームをお腹に塗る人もいますが、これだけでは予防とはいえません。
妊娠線を予防するためには、肌の保湿と肌の伸縮性を上げること、そして美容成分の摂取が重要です。
ですから、ただの保湿クリームではなくこれら3つの効果がある専用の妊娠線クリームを使うべきなのです。

このサイトでは、お母さんたちから人気の高い妊娠線クリームをランキング形式で紹介します。

妊娠線クリームのおすすめランキング

  1. ベルタマザークリーム

    ベルタマザークリーム
    価格 4.5
    使用感 4.5
    効果 5.0
    価格:
    通常価格6,980円 初回購入500円(税込)
    容量:
    100ml

    お母さんたちのバイブル「たまごクラブ」で取り上げられたこともある妊娠線クリームです。
    認知度・評判ともにナンバーワンの妊娠線クリーム!

    肌の弾力性をケアするシラノール誘導体と葉酸が含まれているほか、美容成分も多く含まれており、妊娠中の肌が裂けないように守ってくれます。

    無添加・無香料なので赤ちゃんへの悪影響もなく、更には妊娠・出産を経験しているサポートスタッフが困ったことがあれば相談に乗ってくれるという「お客様への気遣い」が高評価の理由でもあるようです。

    初回購入は500円、以後は1本につき4,980円(定期便の場合)ですが、サポート代も含めた価格と考えると非常にお得です。

    商品詳細を見る

  2. AFCストレッチマッククリーム

    女性100人の声から生まれたストレッチマーククリーム
    価格 5.0
    使用感 4.0
    効果 4.0
    価格:
    2,800円(税抜)
    容量:
    100ml

    ベルタマザークリームと同様、こちらもたまごクラブで紹介されました。

    AFCストレッチクリームの最大の特徴は、値段の安さ。
    1本5000円を超える相場の妊娠線クリームの中で、破格の1本2800円です。

    肌の弾力性をケアする葉酸が入っているほか、ヘスペリジンという成分も含まれていることで肌がじんわり温まる効果があり、冷え性のお母さんにも優しいです。

    商品詳細を見る

  3. NOCOR

    価格 3.0
    使用感 3.5
    効果 4.0
    価格:
    6,480円(税抜)
    容量:
    100ml

    上で紹介した二つは妊娠線を予防するためのクリームでしたが、このNOCORは「できてしまった妊娠線を消す」ためのクリームです。

    一度できてしまった妊娠線は簡単には消えないというのが一般的な考えですが、このNOCORには肌を活性化させるオーガニック成分が含まれており、割れてしまった肌を元に戻す効果があります。

    妊娠線の予防という意味では上の二つに及びませんが、既に妊娠線があるという方はこれを使うと良いでしょう。

    商品詳細を見る

妊娠時以外であれば、ボディケアとしてキャビテーションを受けるのもいいですね。